保湿クリームを正しく使って乾燥対策をしよう

スキンケアをしているのにお肌の乾燥が改善されないときは、保湿クリームを取り入れてみると良いでしょう。
保湿クリームは化粧水や美容液を浸透させた後に塗るアイテムで、お肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。
乾燥肌を対策したい人に最適なアイテムなので、積極的に活用してみましょう。
ただ、どんなに高品質の保湿クリームを使っても、塗り方を間違えると効果が半減してしまいます。
効果を最大限に実感するためにも、正しい使い方をすることが重要です。
まず、保湿クリームを使うタイミングは、化粧水と美容液をなじませた後、水分が蒸発してしまう前です。
適量を手に取って、手の平で温めてから顔全体に塗っていきましょう。
適量は製品によって異なるので、必ず説明書やパッケージで確認してから使います。
顔全体に塗ったら、手に平で顔全体を包み込むようにして、美容成分を浸透させるような気持ちでしっかりなじませることも大きなポイントです。
さらに、目元や口元の乾燥が目立つときは、少量を気になる箇所に重ね塗りして徹底的に乾燥対策を行うと安心です。

リッツ美容外科では院長自ら
しゃくれの整形手術を行っています

リッツの顎矯正手術について
ご紹介いたします

矯正では治療できない
受け口の整形承っております

リッツの最先端治療
サージェリーファーストの治療をお試しください

顔のバランスも踏まえて調整をしてくれます
顎と顔のバランスやElineや目と鼻の位置を踏まえたうえで、理想の顔を実現できるよう細かく骨切りの位置を決めてくれます。

ニキビ対策のために常備しているもの

学生の頃からニキビや吹き出物ができやすいので、ビタミンC誘導体が配合された化粧品が手放せません。
ビタミンC誘導体は過剰な皮脂分泌を抑制したり、毛穴を引き締めてくれる働きがあるそうです。
また、毛穴を引き締める効果も期待できるため、ニキビや毛穴の悩みを抱えているときに最適です。
現在愛用しているのは、ビタミンC誘導体が配合された粉末を、お肌に塗る直前に化粧水に溶かして使う製品です。
使う直前に粉末を溶かすから、いつでも新鮮なビタミンC誘導体をお肌に届けることができます。
この製品を使うようになってからは、ニキビができにくくなり、お肌がなめらかになりました。
また、もしもニキビができてしまっても慌てないように、ビタミンB群が配合されたサプリメントも常備しています。
ビタミンB群はニキビや吹き出物の改善に効果が期待できると聞いて以来、高校生のころから取り入れています。
ニキビができたときに飲めば、治りが早くなるので欠かさず常備しています。

最新投稿